無料駐車場あります。〒668-0032 兵庫県豊岡市千代田町7-11 電話:0796-34-6627 : 090-5123-3211 営業時間:17:00~23:00(ラストオーダー22:30)
豊岡地方にお越しの際は、天気情報・積雪情報をご確認ください(Yahoo天気・災害
大乗寺 ~ 円山応挙による寺院芸術

大乗寺 ~ 円山応挙による寺院芸術

大乗寺は香住駅の南に1.6km行ったところに位置します。
三矢から少し遠いですが、寺院内の絵画は一度ご覧になっていただきたいと思います。
寺院内に円山応挙(まるやま おうきょ)がふすまに描いた様々な絵画が展示されています。

大乗寺は天平17年(745年)行基菩薩自ら聖観世音菩薩立像を彫刻されておまつりになられたのが始まりです。
円山応挙(1733から1795) は、はじめ狩野派の石田幽汀に学び、その後自然の写生に専念したり、西欧の遠近法等の手法を学び、彼独自の新しい画法としての写生画を完成させました。
その写生はあらゆる階層の人々に支持され、ついに画壇の第一人者となり、円山派の祖として仰がれています。
応挙が修行中の貧しい頃、当時の住職密蔵上人が才能を見込み、学資を援助したことがご縁で、客殿の建築の際にご恩返しとして弟子と共に大乗寺の障壁画を描きました。
そのため応挙寺とも呼ばれ、多くの文人雅客に参拝されてきました。
「大乗寺 リーフレットより引用」
大乗寺 ~ 円山応挙による寺院芸術

 

大乗寺 ~ 円山応挙による寺院芸術

 

大乗寺 ~ 円山応挙による寺院芸術

 

大乗寺 ~ 円山応挙による寺院芸術

 

大乗寺 ~ 円山応挙による寺院芸術